篠山城大書院他3ヵ所、11月3日「文化の日」入館無料!【連載:アキラの着目】

2019年10月27日

9月、10月、11月は祝日が多い月。

すでに9月と10月で家族サービスで出費を重ね、家計に負担がかかっている家庭があるかも。

そんな家庭のお父さんやお母さんに朗報!

11月3日「文化の日」だと入館無料の観光スポットがあるのだ。

それは篠山城大書院とその近辺に位置する他3ヵ所の、計4ヵ所だ。

正式には、篠山城大書院、青山歴史村、篠山市立歴史美術館、篠山市立武家屋敷安間家史料館だ。

年齢、性別に関係なく、11月3日であれば、全ての来館者は入館無料なのだ。

篠山城大書院他3ヵ所、11月3日「文化の日」入館無料 丹波篠山篠山観光協会HPから引用
篠山城大書院他3ヵ所、11月3日「文化の日」入館無料
丹波篠山篠山観光協会HPから引用

いくら入館無料だからお得とはいっても、これら4ヵ所に行く費用がバカ高ければ意味がないので、最もお得感が出るのは、篠山市およびその近隣の住民に限られてしまうのだが。

もちろん、篠山城に行きたい人ならば、普段入館料を取られるスポットが無料であれば、それはそれでお得だから、ケース・バイ・ケースではある。

その11月3日「文化の日」に入館無料となる4ヵ所のスポットのうちの1つ、篠山城大書院はどのようなところなのかというと…。

そもそも天守のない篠山城は、城の中核をなす建造物が篠山城大書院だった。

篠山城大書院 丹波篠山篠山観光協会HPから引用
篠山城大書院
丹波篠山篠山観光協会HPから引用

篠山城大書院は、慶長14年(1609)に徳川家康の命により西国諸大名が動員され築かれ、廃藩置県後の廃城令によって全国各地の城の多くが破却される中、破却されなかった。

しかし、昭和19年(1944)1月6日の夜に惜しくも焼失してしまい、平成12年(2000)4月に篠山市民の熱き願いと尊い寄付により再建されたのだ。

「な~んだ、再建か~」と思う人もいるかもしれないが、篠山城大書院は木造建築物としては壮大な規模であり、京都二条城二の丸御殿にある遠侍に類似しており、篠山城大書院は一大名の書院としては破格の規模と古式の建築様式を備えたものといえ、江戸時代の佇まいを感じさせてくれるのだ。

有料だと行く気が起きないかもしれぬが、入館無料となるとモチベーションも上がるはず。

ぜひ文化の日を利用して、訪れてみよう。

【篠山市4文化施設 文化の日 入館無料】

・日時 平成26年11月3日(文化の日)
・営業時間:9:00~17:00(受付終了16時30分)
・場所:篠山市4文化施設
 篠山城大書院、青山歴史村、篠山市立歴史美術館、篠山市立武家屋敷安間家史料館
・問合せ:篠山城大書院 079-552-450(受付時間 9:00~16:30)

■11/3 【篠山市4文化施設】文化の日 入館無料のお知らせ|丹波篠山観光協会からのお知らせ|丹波篠山篠山観光協会
https://tourism.sasayama.jp/association/event/cat135/4-2.html

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099