穴場の東京散歩スポット、東京ゲートブリッジ【連載:アキラの着目】

2020年12月12日

東京の観光スポットは幾つかあるものの、浅草、東京スカイツリー、東京タワー、等々、どれも”ド定番”過ぎるし、人が多いしで、コロナ禍の現在では最適な観光スポットなのかは意見が分かれるところ。

それに何回も東京に来ている観光客からすれば、同じ”ド定番”の観光スポットをまた訪れるのも憚られ、新規の東京穴場観光スポットに行きたいと思っているはずだ。

そんなニーズにピッタリなのが東京ゲートブリッジだ。

東京ゲートブリッジ 東京都港湾局公式ホームページから引用
東京ゲートブリッジ
東京都港湾局公式ホームページから引用

有名なレインボーブリッジとは異なり、ややマイナー感があるのは否めないが、むしろそのマイナー感があるからこそ、穴場観光スポットに成りうるともいえよう。

レインボーブリッジのように歩いて向こう岸に渡り切ることはできず、途中で折り返さざるをえないのだが、それでもレインボーブリッジとは違った東京湾上の景色を観ることができる点は大いに評価されても良いかと。

それになんといっても、現時点では混雑とは無縁である点も東京ゲートブリッジが隠れた観光スポットとして評価されるところだろう。

しかし、東京ゲートブリッジにはトイレがないため、トイレに近い人は東京ゲートブリッジを訪れる前に予めトイレを済ましておこう。

東京ゲートブリッジの歩道の通行時間が午前10時からということで、初日の出を拝みに行くのには遅過ぎて適していないが、それでも一度は歩いてみると良いだろう。

【東京ゲートブリッジ】

・橋梁の高さ:A.P. +87.8m(海面からトラス最上部の高さ)
・航路限界高:A.P. +54.6m(船舶が下を通ることによる桁下の高さ制限)
・橋梁重量:約36,000t(うち主橋梁部 約20,000t)
・橋長:2,618m(うち主橋梁部 760m)
・幅員構成:往復4車線及び歩道(都心側のみ)
・規制:原動機付自転車、自転車通行不可
・通行料:無料
・歩道:若洲側昇降施設より橋上の歩道部へ昇り可(中央防波堤側への降り不可、若洲側に折返し)、ペット連れ不可
・歩道通行時間:午前10時~午後5時(最終入場午後4時30分まで)
        夏期(7月1日~9月30日)の金・土曜日は午前10時~午後8時(最終入場午後7時30分まで)
・歩道の休日:毎月第3火曜日及び12月第1火曜日(該当日祝日の場合その翌日)
・トイレ:無し

■東京ゲートブリッジ|観光レジャー|東京都港湾局公式ホームページ
https://www.kouwan.metro.tokyo.lg.jp/kanko/gatebridge/

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099