無料で作れる、餅つきうさぎの月見セット【連載:アキラの着目】

2018年07月30日

来月8月15日は「十五夜」。

当然、「十五夜」なのだから月見ができる。

厳密には、旧暦の8月15日が「十五夜」なのだが、新暦でも構わず、行事をしてしまうのが良くも悪くも日本流。

そこで、あと2週間ちょっとで来てしまう8月15日「十五夜」の月見に備えて、無料の月見セットをご紹介しちゃおう!

月見セットを無料で提供しているのが、ビール・メーカーでお馴染みのキリンだ。

ビール・メーカーがペーパークラフトを提供するとは意外だが、月見酒という視点から捉えると、月見をしながらビール片手に秋の夜を過ごすのはありだから、まんざら見当違いのことをしているわけでもない。

お月見セット|秋・冬のペーパークラフト|KIRIN KIDS|キリンHPから引用
お月見セット|秋・冬のペーパークラフト|KIRIN KIDS|キリンHPから引用

キリンが無料提供しているお月見(つきみ)セットはうさぎ付きで、黄色の円盤を指で時計回りに廻すと、うさぎが杵で餅をつくのだ。

また、趣深い満月とすすきの屏風、そして柿、里芋、栗、団子もペーパークラフトで再現されており、これだけ眺めていても、十分に月見の雰囲気を堪能できてしまう。

このお月見(つきみ)セットは、子供でも作れるので、親子で一緒に組み立てると、より一層子供にも月見の風習が継承されていくことだろう。

今からこのお月見(つきみ)セットを組立てて、8月15日の「十五夜」は月見酒に専念できるようにしておこう!

■お月見セット|秋・冬のペーパークラフト|KIRIN KIDS|キリン
https://www.kirin.co.jp/entertainment/kids/papercraft/winter/moon.html

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099