東京でも北海道夕張メロンの味が楽しめる ~北海道どさんこプラザ有楽町店のソフトクリーム~【連載:アキラの着目】

2018年02月19日

世の中には「北海道」という3文字に弱い人達が存在する。

「北海道バター」、「北海道シチュー」等々、北海道産に対し絶大な信頼を寄せ、ある意味において北海道を神格化している人達ともいえよう。

実は筆者もそんな「北海道」の3文字に弱い人間の1人だ。

北海道ブランドに弱い人達にとって北海道はまさに聖地なのだが、北海道住民でない限り、そう毎日北海道に行くことはできない。

そこで第2の聖地ともいうべき場所が今回取り上げる、東京・有楽町交通会館にある「北海道どさんこプラザ」だ。

有楽町交通会館内にある北海道どさんこプラザ

この「北海道どさんこプラザ」に行けば、旬の北海道産製品が所狭しと置かれてある。

しかし、そうした北海道産製品を目指すのも全然”セオリー”通りで、決して悪くはないのだが、ここは北海道の大地で生産された牛乳を原料としたソフトクリームに食指を伸ばそう!

「北海道どさんこプラザ」で販売されているソフトクリームは、「バニラ」、「夕張メロン」、「メロンミックス」の3種類。

有楽町交通会館内にある北海道どさんこプラザ店頭に貼られているソフトクリームのメニュー

筆者は、「バニラ」、「夕張メロン」両方のフレーバーを堪能したかったので、自動券売機で「メロンミックス」のボタンを押した。

券売機から出てきたいわゆる「食券」を店員のお姉さんに渡し、出てきたのが↓。

有楽町交通会館内にある北海道どさんこプラザの「メロンミックス」ソフトクリーム」

通常街中で売られているソフトクリームよりも1.2倍くらい多めだろうか、手渡された瞬間の”ズッシリ感”に内心「おおっ!」と感動してしまった。

尖端から舐め続くていくと、前述した”ズッシリ感”がウソ・偽りでないことがすぐに実証される。

コーンで注文した筆者は、コーンを噛み砕いていくと、コーン内側にはなおもソフトクリームがこれでもかと”充填”されており、コーン上っ面だけに盛ったのではないことがリアルタイムでわかるのだ。

「北海道どさんこプラザ」のソフトクリームを購入して、満足しない人は皆無といっていいだろう。

筆者が訪れた時間帯が夕方近くだったからか、購入するための列はなかったものの、もう少し早い時間帯や夏場は、確実に並ぶことになるので、ソフトクリームの購入に多少時間を要することを予め覚悟しておこう。

「北海道」に弱い人達はもちろんのこと、「北海道」に弱くない人達でも満足する一品だ。

■北海道どさんこプラザ 公式HP
https://www.dosanko-plaza.jp/

※料金は、2018年2月19日現在のもの

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099