女優・岡江久美子さん新型コロナによる肺炎で死去【連載:アキラの着目】

2020年04月24日

ドラマやNHK「連想ゲーム」への出演、朝の情報番組の司会などで幅広く活躍し、お茶の間の人気を集めた女優の岡江久美子さんが4月23日午前5時20分、新型コロナウイルス感染による肺炎のため死去、63歳だった。

岡江久美子さん 株式会社スタッフ・アップ(Staff-up)公式サイトから引用
岡江久美子さん
株式会社スタッフ・アップ(Staff-up)公式サイトから引用

所属事務所によると、岡江さんは今月3日に発熱、6日朝に容体が急変し、東京都内の大学病院に緊急入院。

集中治療室(ICU)で人工呼吸器を装着するなどして治療を続け、その後のPCR検査で陽性と判明していた。

岡江さんは2019年末に乳がん手術をし、2020年1月末から2月半ばまで放射線治療を行っていたことから、免疫力が低下していたとみられる。

夫で俳優の大和田獏さんと娘の美帆さんは連名で「今はただ残念で信じがたく、悔しくて悔しくて他は何も考えられない状態です。コロナウイルスは大変恐ろしいです。どうかくれぐれもお気をつけ下さい」とのコメントを出した。

お別れの会を行うものの、日取り等は未定とのこと。

志村けんさん死去のニュースから1ヵ月も経っていない悲報に日本列島は再び震撼する羽目になった。

若い頃の岡江久美子さん

若い頃の岡江久美子さん
若い頃の岡江久美子さん

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099