“厄なし”の「世界最長897.4m木造歩道橋」蓬萊橋(静岡県島田市)【連載:アキラの着目】

「世界最長の木造歩道橋」でパワースポットの蓬萊橋(静岡県島田市)
2019年01月20日

景観もさることながら、パワースポットとしても急激に人気が鰻登りなのが、静岡県島田市にある蓬萊橋だ。
「世界最長の木造歩道橋」でパワースポットの蓬萊橋(静岡県島田市)

なぜこの蓬萊橋がパワースポットなのかというと、「世界最長の木造歩道橋」としてギネスにも登録された長さ897.4mが「やくなし」、すなわち“厄なし”となり、厄除けスポットとしていつの間にか世間から認識されたからだ。
「世界最長の木造歩道橋」でパワースポットの蓬萊橋(静岡県島田市)

もちろんこれ以外にも蓬萊橋には観光スポットとしての魅力があり、頻繁に映画やテレビドラマ等の撮影でも登場したりしているのだ。

蓬萊橋の歴史を簡単に遡ると、元々蓬萊橋が掛けられている大井川は江戸の防御上、橋が掛けられていなかった。

しかし、1869年(明治2年)7月、最後の将軍・徳川慶喜の護衛をしていた旧幕臣たちが大井川右岸、初倉にある牧之原を開拓し、お茶を作り始めたことで、東海道・島田宿の開墾人総代達は、当時の静岡県令(現在の県知事)に橋をかける嘆願書を提出、これが許可され、1879年(明治12年)1月13日に蓬莱橋が大井川に掛けられたのだった。

大井川増水の度に被害を受けていた木造の蓬萊橋は、1965年(昭和40年)4月に現在のコンクリート橋脚に変えられたが、渡し板はすべて木製のままで、1997年(平成9年)12月に「世界一長い木造歩道橋」としてギネスに認定された。

蓬莱橋のたもとに、お茶や島田の名産品を販売する蓬莱橋897.4茶屋ができたことで、蓬莱橋観光とお土産購入ができるようになったので、ますます観光スポットとしての人気が上昇することだろう。

爆混みする前に訪れておきたいスポットだ。
「世界最長の木造歩道橋」でパワースポットの蓬萊橋(静岡県島田市)

【蓬萊橋の詳細】
・所在地:島田市南2丁目地先(カーナビ等での住所検索は「島田市南2丁目22-14」と入力すると、橋の向い側の住所が表示)
・長さ:897.4m(世界一)
・幅:2.4m
・通行時間:終日(午前8時30分から午後5時までは橋番が対応)
・通行料金:歩行者 1回当たり大人100円
          1回当たり子供10円
          未就学児 無料
          ※障害者手帳をお持ちの方 無料
          自転車100円
          50cc以下&50ccより上 通行禁止
・問い合わせ:蓬萊橋の状況や料金 090-7866-1056
       周辺の観光 島田市観光協会 0547-46-2844
       島田駅前観光案内所 0547-37-1241
       島田市産業観光部 観光課 0547-36-7163
・駐車場:無料
     第1駐車場(橋より約100m上流側)普通車26台(身体障害者用2台)・観光バス11台
     第2駐車場(河川敷)普通車70台(大型不可)
     ※第2駐車場のみ平成31年1月~3月(予定)まで舗装工事のため利用不可
     ※蓬莱橋南側(大井川右岸)には駐車場なし

■蓬萊橋 島田市観光協会
http://shimada-ta.jp/tourist/tourist_detail.php?id=2

※料金は平成31年1月20日現在のもの

FJ時事新聞
責任編集:拡輪 明-HS099