開発メーカー?番組?オトナなプラネタリウムの楽しみ方(中編)【友里惠的吃喝玩儿】

2017年10月28日

 

前回はプラネタリウムのメーカーについて紹介いたしました。

プラネタリウムは主に2つの投影方法があり、どのメーカーもそれぞれこの技術に基づいて開発を行っています。

光学式……電球の光を使って星像を投影する方法。一つ一つの星が鮮明に映し出される。

デジタル式……ドームの全面または一部を1台または複数のビデオプロジェクターを使って映像を投影する方法。

最近ではハイブリッド・プラネタリウムとしてこの2つの技術を組み合わせたプラネタリウムも出てきているので、ぜひチェックしてみてください。

施設編

プラネタリウムを見られるのは博物館だけではないんです!

今回はそんな施設を幾つかピックアップしていきます。

プラネターリアム銀河座

東京都葛飾区のプラネタリウム「プラネターリアム銀河座」は、お寺に併設されているプラネタリウムです。

画像提供:プラネターリアム銀河座

 

画像提供:プラネターリアム銀河座

座席はわずか22席だけなので、限られた人数でのびのびと星空鑑賞が楽しめるようになっています。

なお観覧は完全予約制なので、予約が必要となります。

 

住所:東京都葛飾区立石7-11-30 證願寺(ショウガンジ)内
アクセス:京成線・立石駅より徒歩5分
営業時間:第1・第3土曜日 15:00~15:50
料金:大人1,000円 / 子供500円 ※要予約
公式サイト:http://www.gingaza.jp/index.html

 

国立天文台 4D2Uドームシアター
(C)国立天文台

東京都三鷹市にある国立天文台では、最新の観測データや理論研究に基づいて再現された宇宙が「4D2Uドームシアター」で見ることが出来ます!4D2Uという単語ですが、これは4次元デジタル宇宙のことです。空間3次元と時間1次元を合わせた4次元宇宙がデジタルデータで再現されます。

毎月4回だけ無料で一般公開されます。申込方法などは公式サイトで確認でチェックしてみて下さい。

住所:東京都三鷹市大沢2丁目21−1
アクセス:京王線調布駅から車で約15分
営業時間:毎月4回(第1土曜日・第2土曜日の前日・第2土曜日・第3土曜日)公開
料金:無料
公式サイト:https://prc.nao.ac.jp/4d2u/

プラネタリムBAR

東京都港区白金台にある「プラネタリウムBAR」。ほのかに照明が落とされた落ち着いた雰囲気の店内では、メガスターゼロプラチナを使った500万個の星空を楽しむことができます。また、指定した時間や場所の星空を再現してくれるサービスも実施中だそうです。

住所:東京都港区白金台4-9-23 ツツイ白金台ビル5F
アクセス:白金台駅から徒歩約3分
営業時間:月曜日~木曜日:19:00~26:00
        金曜日・土曜日:19:00~27:00
        日曜日祝日:19:00~24:00
定休日:無休
料金:チャージ500円~
公式サイト:http://www.planetarium-bar.com/index.html

 

スターリーカフェ(PLANETARIUM Starry Cafe)

「羽田空港」にある”空港のプラネタリウム”「スターリーカフェ(PLANETARIUM Starry Cafe)」。ここでは、一般的なカフェと同じようにコーヒーや食事を楽しみながらプラネタリウムを体験することができます。上映されるプログラムも多彩で、デートなどにもぴったりなお洒落プラネタリウムです。

住所:東京都大田区 羽田空港国際線ターミナル5F TOKYO POP TOWN内
アクセス:羽田空港直結
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休
料金:【入場料】大人520円 / こども310円 / ※別途ワンドリンク制
公式サイト:http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/tenant/5200100050750000/

意外といままで気づかなかった場所にもプラネタリウムはあるのかもしれません。

公共施設のプラネタリウムとは一味違った体験ができるかも。

次回に続きます!

FJ時事新聞
责任编辑:友里惠_HS024

声明:本文为FJ时事新闻编译稿件,原创文章均保留版权,
请转载时务必注明来源和链接,不尊重原创的行为我们将追究责任;